Information

2020.09.27医院設備・機器について

微弱電流(マイクロカレント)

微弱電流とは、μA(マイクロアンペア)という単位の非常に弱い電流のことを言います。低周波等で使用される電流はA(アンペア)という単位ですが、その1/100万の電流です。そのため、電気治療器特有のピリピリとする感覚は殆どなく、治療中に何も感じない治療器です。

 微弱電流の主な作用は、細胞レベルで組織を修復する作用です。正常な人体の細胞には、生体電流と呼ばれるμA単位の微弱な電気が流れています。組織が損傷すると細胞の生体電流に異常が起き、それを修復する為に損傷電流と呼ばれる同じくμA単位の微弱な電流が流れます。微弱電流治療器は、この損傷電流と同じような電流を流すことが出来るので、組織の修復・回復を早めることが出来ます。

 損傷電流を細胞に流すことで、細胞レベルではミトコンドリアを活性化させます。ATPの産生を促し、損傷組織のタンパク合成を促進させることで、組織の再生を早める作用を持っています。また、組織が損傷を受けた際に発生する発痛物質を除去する作用があると言われています。そして、鎮痛物質の生成を促進するとも言われています。

微弱電流治療器の特徴として急性期の疼痛、腫脹等の炎症症状に特に効果を発揮します。また、ピリピリとした感覚が無いので、電気の刺激が苦手な方にも使用することが出来ます。