Information

2021.02.19お知らせ

交通事故に遭われた方へ

交通事故に遭われた際、受傷直後は痛みが出なかったり症状が軽く、病院にかからない方もいらっしゃいますが、あとから痛みや違和感、他の症状が出てくることもあります。場合によっては症状が長引き、日常生活に支障を来たしてしまうこともあります。症状が軽くても初めから病院にて診断、治療されることが望ましいです。

交通事故の治療においては自動車保険(自賠責保険・任意保険)を使用し治療が受けられます。あらかじめ保険会社に連絡の上ご来院下さる事をお勧めします。

交通事故によって生じる症状はもっぱら「むちうち損傷」によって発生します。「むちうち損傷」は追突事故により、頚椎が過度に伸展し、次いで反動で屈曲して生じます。衝撃によって骨に異常を来たさなくても、軟部組織が損傷すると多様な症状が発現します。そのため、整形外科においては頚椎捻挫と診断され治療するケースがほとんどです。

 

症状としては頚部の痛みとこわばりが主な症状で、他にもしびれが肩や背中、手まで出たり、頚椎の可動域が制限されたりもします。更に、感覚障害や筋力低下を生じたり、あとから頭痛・めまい・吐き気の出ることもあります。

診断は局所の圧痛を調べ、神経症状を確認します。レントゲン所見として頚椎の生理的前彎の消失や部分的な屈曲、不安定性を確認します。MRIが必要な場合は紹介にて対応します。

治療は症状に応じて消炎鎮痛剤を処方したり、リハビリ室において、頚椎の不安定性に対してはカラー固定、疼痛緩和としては電気療法などを施します。

交通事故は受傷の翌日以降に症状を伴うことが多々あります。上記の症状でお悩みの方はお気軽に来院、ご相談下さい。

2021.01.20お知らせ

コロナウイルス対策

スタッフ出勤前検温

患者様への検温の協力

マスクの着用

アルコール消毒の徹底

こまめな換気

その他、治療にて使用するタオルを1人ごとに交換し感染予防を徹底しています。

2021.01.7お知らせ, 診療内容・診療時間について

診療時間変更のお知らせ

1/12(火)より午後の診療時間が変更になります。

午前  9:00(受付8:30) ~  12:00

午後  2:30(受付2:00) ~  6:30

※受付終了時間は午前11:30、午後6:20となります。

ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

2021.01.5お知らせ, 医院設備・機器について

骨折治療器

超音波骨折治療器(オステオトロン)

超音波骨折治療器(オステオトロン)は骨折部位の骨の形成を促進し、骨癒合期間を約40%短縮できます。
治療は一回20分 週3〜4回以上で効果があると言われております。
少しでも早く骨折を治したい方はご相談下さい。

※治療効果には個人差があります。
※健康保険を適応することができます。

2020.12.10お知らせ

柔道整復師募集

求人のご案内

■募集科目

物療 常勤スタッフ(資格:柔道整復師)

■勤務内容

外傷の固定、管理

慢性疾患の消炎鎮痛処置、マッサージ等

■勤務地

行徳整形外科内科

■給与

21万~

■勤務時間

9時~12時、15時~19時、9時~19時

■休日

シフト制

日・祝の午後

ゴールデンウィーク、年末年始

有給休暇

■施設概要

社会保険完備、通勤手当(一部支給)

2020.11.17お知らせ

インフルエンザ予防接種終了のお知らせ

定数に達しましたので、今期のインフルエンザの予防接種は終了いたします。

ご理解の程、宜しくお願いします。

2020.11.10お知らせ, 求人情報について

リハビリスタッフ(パート)募集

(資格:柔道整復師)

■勤務内容
外傷の固定・管理
慢性疾患の消炎鎮痛処置・マッサージ等
■給与
パート:時給1,100円~
日祝及び17時以降は時給100円UP
■休日
休日はシフト制となります。
日・祝の午後休み
有給休暇、ゴールデンウィーク、年末年始
■施設概要
社会保険(正社員加入、パートは出勤時間数により加入可)
通勤手当(全額支給)

2020.10.15お知らせ

~自分の”骨”の年齢を知っていますか?~

骨密度”“骨年齢”“骨粗しょう症”など広告やテレビ・雑誌などで最近よくこのような言葉を

見かけませんか?

今回は、当院で行っている骨密度測定についてお知らせします。

高齢者が骨折する大きな理由として、骨密度の低下による骨粗しょう症があります。

骨密度とは?

―――→ 骨の中にあるカルシウムマグネシウムなどミネラル成分のこと

この数値が成人の平均の70%未満に低下すると・・・

骨がスカスカになってもろくなり、弱い力でも骨折しやすくなります。

この状態を「骨粗しょう症」と言います。

骨折しやすい部位として、背骨手首股関節の骨があり、また、骨折によって日常生活が困難になり、

ねたきりとなってしまう場合もあります。

骨粗しょう症で骨折する人の割合は、50歳以上の場合、男性は「5人に1人」、女性は「3人に1人」と言われています。

このようにならないためには自分の骨密度(=骨年齢)を知っておく必要があります。

骨密度の低下を早期に発見する為に、50歳を過ぎたら一度測定を行ってみてはいかがでしょうか?

結果により、医師による食事指導・運動療法のご案内、また、必要に応じて投薬注射も行っておりますので、ぜひお気軽にご相談されてみてはいかがでしょうか?

2020.08.5お知らせ

検温のご協力のお願い

受付にて検温を実施しております。

2020.06.21お知らせ, 診療内容・診療時間について

お支払いについて

当院でのお支払いは現金のみとなっております。

次のページへ >>