Information

2020.07.16お知らせ

消毒液・換気について

前回は手洗いについて紹介しました。

今回は自宅で簡単に作れる消毒液・換気の仕方を紹介したいと思います!

 

 

【換気の仕方】

6畳〜8畳の広さの部屋であれば1回の換気は5分〜10分程度で良いとされています。

 

1回の換気時間を長くするよりも換気する回数を増やすと良いとされており目安としては2時間に1回のペースで行うと良いです。

 

しかしたくさん換気をすることにより新鮮な空気が入ってくるので、負担にならないような換気回数を決めるといいかもしれません。

 

 

【換気のコツ】

窓を開ける際は大きさにもよりますが、5〜15cmほどの隙間を開けて風の通り道を作ってあげれば、効率よく換気ができます。

 

また扇風機やサーキュレーターなどを使うと窓や換気扇のない場所にも新鮮な空気を取り込みやすいのでおすすめです。よりよい換気を行なっていくにはこのような機械を用いて効率的に空気を入れ替えていきましょう!

 

 

【消毒液の作り方】

現在、新型コロナウイルスに有効な消毒液として手指消毒には消毒用アルコール(80%)、物の表面には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が推奨されています。

詳しくは経済産業省のホームページをご覧ください。

 

今回はハイターを使った次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方を紹介します。

① 500mlのペットボトルに水を入れる

② ペットボトルのキャップで約2杯強(12.5ml)、ハイターのキャップを用いる場合は

0.5杯ハイターを加える。

③混ぜる

 

 

【注意事項】

ハイターの消毒液は非常に強いアルカリ性です。手指の消毒には使用しないで下さい。

また吸い込むと呼吸器に異常を来す場合がある為十分に換気をしながら使用しましょう。

希釈液は保存せずその都度作りましょう!

当院からの最新情報を
お届けしています
お知らせ
その他
ブログ
医院設備・機器について
求人情報について