Information

2020.08.11お知らせ

熱中症に気を付けましょう!

梅雨も明け本格的に夏が始まりました。

今年は新型コロナウイルスの影響によりマスクをして外出することが多くなり、通常の熱中症に加えマスク熱中症にも気を付けなくてはいけません。

そこで今回は熱中症について書いていこうと思います。

 

熱中症の原因は?

通常、人間の身体は常に体温を約37℃に保とうとコントロールされています。しかし、暑さによって、体温調節機能が乱れたり、体内の水分量・塩分量のバランスが崩れたりすることが原因です。

 

以下の項目に該当する方は特に注意が必要です

・乳幼児や高齢者など体温調節が難しい人

・スポーツや仕事で活発な人

・糖尿病・高血圧・心疾患・腎障害・精神神経系の疾患で治療中の人

 

熱中症の予防

①涼しい場所に移動する
なるべく物陰、木陰がある場所や室内などに移動して
直射日光を避ける事で、体と頭の体温上昇を避けます。

 

② 体を冷やす
脇の下や、首の横の辺りを冷やす事で体温を下げていきます。

ビニール袋に入れた氷水や、タオルを巻いた保冷剤などで
あるもので冷やしてください。
(20分冷やして40分以上は間隔をあけて繰り返し行ってください。)

 

③ 塩分や水分の補給をする
熱中症の場合、体内から塩分や水分などの栄養素が汗で失われている場合があります。

少し塩を摂取する事・スポーツドリンクなどで水分補給をする事で症状が緩和していきます。

 

熱中症の重症度

 

Ⅰ度;熱失神/熱けいれん

 

熱失神:いわゆる【立ちくらみ】で脳への血流が瞬間的に不十分になった状態

熱けいれん:筋肉の【こむら返り】のことで、発汗によって塩分の欠乏により起こる

  

Ⅱ度;熱疲労

 

熱疲労:頭痛・嘔吐・倦怠感・虚脱感など、体がぐったりする、体に力が入らないような状態

  

Ⅲ度;意識障害/痙攣

 

意識障害:呼びかけや体を叩いても反応しない状態

痙攣:体のひきつけをおこす、真っ直ぐ歩けないような状態

 

Ⅰ度の症状で徐々に改善してきている場合のみ応急処置で様子をみてください。

Ⅱ度の症状が出現したり、Ⅰ度の症状が改善されない場合はすぐに病院で診察を受けましょう。

Ⅲ度は入院加療が必要となる場合があります。

 

当院からの最新情報を
お届けしています
お知らせ
その他
ブログ
医院設備・機器について
求人情報について