Information

2021.04.2お知らせ

腰部脊柱管狭窄症とは?

「脚が痛い」「長い距離を続けて歩けない」「休憩しながらなら長い距離を歩ける」

 

こんな症状で困っている方はいませんか?

もしかしたら「腰部脊柱管狭窄症」かもしれません。

 

腰部脊柱管狭窄症は脊柱管(脊髄神経が通るトンネル)が狭くなり、神経が圧迫されたり血液の渋滞がおきることで脚に「痛み」「しびれ」を感じます。

 

脊柱管が狭くなってしまう原因は「加齢による背骨の変形」「椎間板(軟骨)の膨大」「靭帯の肥厚」です。

 

これらの原因は戻るものではありません。

 

症状がひどくなると、手術の検討も必要になります。

 

そうならないために早めの治療をお勧めします。

当院では電気による消炎鎮痛、マッサージなど症状に応じて治療を行っています。

 

気になること、あてはまる症状がある方は是非ご来院ください(^^)/

当院からの最新情報を
お届けしています
お知らせ
その他
ブログ
医院設備・機器について
求人情報について