Information

2021.04.30お知らせ

いわゆる「ぎっくり腰」について

まもなく5月ですが、朝晩の寒暖差がまだまだ激しいですね。

GWはお家で過ごされるという方々も多いのではないでしょうか?

おうち時間を使い、お部屋の模様替えや衣替えをする際、重い荷物を動かすこともあると思います。

そんなとき、腰に激痛が走り動けなくなるといった、いわゆる「ぎっくり腰」を起こしてしまった。そんな経験はありませんか?

 

 

~なぜぎっくり腰になるのか~

おもな原因としては「重いものをもった」などですが、そのほかには

・階段を降りようとしたときに痛みが走った

・軽く咳払いやくしゃみをしただけ

・おじぎをしてから体制を戻せなくなった

など一言でぎっくり腰といっても原因は多岐にわたります。

多くは、腰の筋肉や椎間板、椎間関節に許容以上の負荷がかかると発生します。

このぎっくり腰を起点に椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に進行する場合もあります。

 

 

~予防法~

・物を持つなどの作業を行うときには、腰をおとして持ち上げる

・作業中必要であればコルセットを装着する。

・普段から腰痛がある人はストレッチや軽い運動などを行う

痛みを残さないためにも早期の診断治療をお勧めします

当院からの最新情報を
お届けしています
お知らせ
その他
ブログ
医院設備・機器について
求人情報について