Information

2020.09.4お知らせ

急なケガの処置、みなさんはどう対処していますか?

暑さもまだまだ残っている9月ですが、運動の秋に向けてそろそろ体を動かす準備をし始めている方も多いのではないでしょうか?

 

はりきってランニングやウォーキングを始めたその時!

 

足首をひねったり、運動後、膝が痛くなったりした経験みなさんはありませんか?

 

そんな時正しい対処法がわからず、湿布でやり過ごしてしまう方も多いと思います。

 

 

本来ならすぐ治るようなケガも、そのままにしておくと痛みが長引いてしまう事もあります。

 

受傷直後に適切な応急処置が出来ていたかどうかで、その後の治療期間は大きく変わってきます。

 

今回はこの「炎症」を抑えるため受傷後すぐ行うべき処置である【アイシング】についてお知らせします!

 

ケガをしてすぐ、患部が腫れたり熱っぽくなった状態を「急性炎症」といいます。

 

この炎症を抑えるために行うのがアイシングです。

アイシングの方法として

①氷(保冷剤)で患部を包帯orバンドで圧迫固定して冷やします。

直接あてると凍傷の危険がある為、布で覆いその上からあてましょう。

 

 

②冷却時間は15~20分

長時間あて続けるのも凍傷の危険があります。30分~1時間毎にアイシングを繰り返し行いましょう。

 

 

③腫れの強いうち(24~72時間)はアイシングをできる限り繰り返しましょう。

この処置は早期に行うことにより、患部の炎症を抑え、治りを早くさせます。

 

※しかし、これはあくまでも応急処置にすぎません、ケガによっては骨折・脱臼・靭帯損傷・筋損傷など様々な損傷が疑われます。このような場合には、医師の診断が必要になるため、できるだけ早くの医療機関の受診をおすすめ致します。

 

2020.08.27お知らせ

季節の変わり目に

夏もピークも過ぎて涼しい日と暑い日の温暖差が続いて秋を迎えようとしています。

  

こういった季節の変わり目に「自律神経失調症」などの症状が出やすくなります。

  

対策の一つとして「明るさ」です。

まず朝起きたらカーテンを全開にして室内に光をとり込み、照明も点けて体に朝だぞーーとスイッチを入れます。

  

プラスして言葉に出してみると更に元気が湧いた感じもしますよ(^^)←個人差あり

  

これから秋を迎えるにあたってぜひお試しください!

2020.08.11お知らせ

熱中症に気を付けましょう!

梅雨も明け本格的に夏が始まりました。

今年は新型コロナウイルスの影響によりマスクをして外出することが多くなり、通常の熱中症に加えマスク熱中症にも気を付けなくてはいけません。

そこで今回は熱中症について書いていこうと思います。

 

熱中症の原因は?

通常、人間の身体は常に体温を約37℃に保とうとコントロールされています。しかし、暑さによって、体温調節機能が乱れたり、体内の水分量・塩分量のバランスが崩れたりすることが原因です。

 

以下の項目に該当する方は特に注意が必要です

・乳幼児や高齢者など体温調節が難しい人

・スポーツや仕事で活発な人

・糖尿病・高血圧・心疾患・腎障害・精神神経系の疾患で治療中の人

 

熱中症の予防

①涼しい場所に移動する
なるべく物陰、木陰がある場所や室内などに移動して
直射日光を避ける事で、体と頭の体温上昇を避けます。

 

② 体を冷やす
脇の下や、首の横の辺りを冷やす事で体温を下げていきます。

ビニール袋に入れた氷水や、タオルを巻いた保冷剤などで
あるもので冷やしてください。
(20分冷やして40分以上は間隔をあけて繰り返し行ってください。)

 

③ 塩分や水分の補給をする
熱中症の場合、体内から塩分や水分などの栄養素が汗で失われている場合があります。

少し塩を摂取する事・スポーツドリンクなどで水分補給をする事で症状が緩和していきます。

 

熱中症の重症度

 

Ⅰ度;熱失神/熱けいれん

 

熱失神:いわゆる【立ちくらみ】で脳への血流が瞬間的に不十分になった状態

熱けいれん:筋肉の【こむら返り】のことで、発汗によって塩分の欠乏により起こる

  

Ⅱ度;熱疲労

 

熱疲労:頭痛・嘔吐・倦怠感・虚脱感など、体がぐったりする、体に力が入らないような状態

  

Ⅲ度;意識障害/痙攣

 

意識障害:呼びかけや体を叩いても反応しない状態

痙攣:体のひきつけをおこす、真っ直ぐ歩けないような状態

 

Ⅰ度の症状で徐々に改善してきている場合のみ応急処置で様子をみてください。

Ⅱ度の症状が出現したり、Ⅰ度の症状が改善されない場合はすぐに病院で診察を受けましょう。

Ⅲ度は入院加療が必要となる場合があります。

 

2020.08.10お知らせ

お盆期間中も通常診療しています。

お盆は通常通り診療・リハビリしております。

怪我や身体の不調がありましたらご来院ください。

ご不明な点がございましたら電話でお問合せください。

2020.08.5お知らせ

骨密度って知っていますか?

皆さんは骨密度という言葉を一度は耳にしたことがありませんか?

 

(骨密度とは・・・骨の中にあるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルのこと)

 

”骨密度”の数値が成人の平均の70%以下に低下すると・・・

骨がスカスカの状態になり、弱い力でも骨折しやすくなります。

この状態を「骨粗しょう症」といいます。

 

男性は70歳以降、女性は閉経後にこの骨密度は低下し始め、

骨粗しょう症による骨折のリスクが高まると言われています。

このような状態をふせぐため、ご自身の骨密度を知っておくのは非常に重要です

 

骨密度の低下を早期に発見するために、50歳を過ぎたら一度測定を行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

当院では骨密度を測定する装置を導入しております。

検査結果もその場で知ることができ、結果により、治療のご案内もしておりますので、気になる方は一度ご相談ください。

 

 

 

2020.08.1お知らせ

交通事故に遭われたら

梅雨も明け、猛暑の季節がやってきました。コロナ禍で、通勤やレジャーで車を使うことが多くなった方も多いのではないでしょうか?

当院では、交通事故も対応しております。

交通事故に遭われた際、受傷直後は痛みが出なかったり症状が軽く、病院にかからない方もいらっしゃいますが、あとから痛みや違和感、他の症状が出てくることもあります。
場合によっては症状が長引き、日常生活に支障を来たしてしまうこともあります。
症状が軽くても初めから病院にて診断、治療されることが望ましいです。
交通事故の治療においては自動車保険(自賠責保険・任意保険)を使用し治療が受けられます。あらかじめ保険会社に連絡の上ご来院下さる事をお勧めします。

また、仕事の帰りが遅いため整骨院に通いたい方も保険会社さんとご相談の上で併用することも可能です。

詳しくは、当院にてご相談ください。

 

2020.07.23お知らせ

腰痛の際の寝る姿勢

今回は腰痛の際に寝る時の姿勢を簡単に紹介致します!(^^)!

横向きで寝るとき
まずは腰の痛い方を上にして横になりましょう
次に体を楽な角度に丸めた状態にして横から見て背骨が一直線になるように枕の高さを調節したら股の間にクッション等を挟みましょう…抱き枕もおススメですよ♪

仰向けで寝るとき
膝下に丸めた毛布等を入れて膝を90度に曲げた状態で寝ましょう!

※就寝時のエアコンによる冷やしすぎに注意しましょう

2020.07.16お知らせ

消毒液・換気について

前回は手洗いについて紹介しました。

今回は自宅で簡単に作れる消毒液・換気の仕方を紹介したいと思います!

 

 

【換気の仕方】

6畳〜8畳の広さの部屋であれば1回の換気は5分〜10分程度で良いとされています。

 

1回の換気時間を長くするよりも換気する回数を増やすと良いとされており目安としては2時間に1回のペースで行うと良いです。

 

しかしたくさん換気をすることにより新鮮な空気が入ってくるので、負担にならないような換気回数を決めるといいかもしれません。

 

 

【換気のコツ】

窓を開ける際は大きさにもよりますが、5〜15cmほどの隙間を開けて風の通り道を作ってあげれば、効率よく換気ができます。

 

また扇風機やサーキュレーターなどを使うと窓や換気扇のない場所にも新鮮な空気を取り込みやすいのでおすすめです。よりよい換気を行なっていくにはこのような機械を用いて効率的に空気を入れ替えていきましょう!

 

 

【消毒液の作り方】

現在、新型コロナウイルスに有効な消毒液として手指消毒には消毒用アルコール(80%)、物の表面には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が推奨されています。

詳しくは経済産業省のホームページをご覧ください。

 

今回はハイターを使った次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方を紹介します。

① 500mlのペットボトルに水を入れる

② ペットボトルのキャップで約2杯強(12.5ml)、ハイターのキャップを用いる場合は

0.5杯ハイターを加える。

③混ぜる

 

 

【注意事項】

ハイターの消毒液は非常に強いアルカリ性です。手指の消毒には使用しないで下さい。

また吸い込むと呼吸器に異常を来す場合がある為十分に換気をしながら使用しましょう。

希釈液は保存せずその都度作りましょう!

2020.07.8お知らせ

液体せっけんと流水による手洗いの手順

 

新型コロナウイルス感染拡大が再び広まりつつあります。

ここで今一度手洗いの手順を確認し、さらなる感染拡大を防止しましょう。

 

 

【液体せっけんと流水による手洗いの手順】

①手指を流水で十分に濡らす

 

②液体せっけんを手の平にとる

 

③十分に泡立てながら、手の平と指をこすり合わせる

 

④手の背と指の背を洗う

 

⑤指の間を洗う

 

⑥指先の背を洗う

 

⑦親指の周囲を洗う

 

⑧指先と爪を洗う

 

⑨手首を洗う

 

⑩流水でよく洗い流す

 

⑪ペーパータオルで指の間までよく拭く

 

⑫水道栓が手動の場合、ペーパータオルで包み込んで閉める

 

まだまだ油断を許さない状況は続きますが、感染対策をしっかりと行い、感染拡大防止に努めましょう。

 

当院でもアルコール消毒やマスク着用を徹底しております

安心してご来院ください。

2020.07.2お知らせ, ブログ

オステオトロンⅤ(超音波骨折治療器)導入してます。

当院では、オステオトロンⅤ(超音波骨折治療器)を導入しております。

”音の力”により骨細胞を活性化させる治療器で、骨折の治療に適応してます。

骨折して他院で治療している方でも、途中から当院に切り替えることも可能です。

相談・質問はぜひ当院までお越しいただくか、お電話にてお問合せ下さい。

<< 前のページへ次のページへ >>

当院からの最新情報を
お届けしています
お知らせ
その他
ブログ
医院設備・機器について
求人情報について