Information

2019.11.29お知らせ

治療の紹介

当院では腰痛、五十肩などの慢性症状から骨折、捻挫などの外傷にまで幅広くリハビリ治療を受けていただいてます。

その中で使用する干渉波についてを説明いたします。

干渉波治療機とは、皮膚抵抗の少ない中周波を体内で干渉させて深部の筋肉を刺激することができる治療機です。
電気の強弱を調整できるので痛みなく治療できます。

■効果
・痛みの緩和
・筋萎縮の改善
・血流促進
・関節可動域制限の緩和 など

■適応疾患
・首、腰からくる手足のしびれ
・肩こり
・五十肩
・背部痛
・腰痛
・関節痛
・筋肉痛
・筋疲労
・むくみ など

以下のことに当てはまる方は治療はできません。
・ペースメーカーがある方
・重篤な心疾患がある方
・創傷、瘢痕、皮膚疾患のある方
・悪性腫瘍のある部位への治療

干渉波治療をした後に吸盤の跡が残る場合がありますが、これはその部分の血行が悪く、血液が停滞している状態です。
2~3日程で消えますのでご安心下さい。
※跡が付くのが嫌な方は事前にリハビリスタッフにお伝え下さい。