Information

2019.07.17お知らせ, ブログ

あなたの骨は健康ですか?

骨は一度出来上がると、ずっと同じ骨のままだと思っていませんか?

実は古くなって劣化した骨の細胞はメンテナンスされ

                新しい骨へと生まれ変わります!!

             

これが『骨の新陳代謝』といって、『骨のリモデリング』ともいいます。   健康な骨では、骨吸収(骨を壊す働き)と骨形成(骨をつくる働き)のバランスがつり合っています。しかし骨粗鬆症の骨では、骨吸収がどんどん進んで骨形成を上回ってしまい、骨がスカスカになり脆くなってしまいます。

骨密度は女性の場合は18歳くらいでピークに達し、その後40歳代半ばまではほぼ一定を維持しますが、 50歳前後から低下していきます。

                

加齢によって骨密度が低下する理由が、主に3つあります。

①女性ホルモンの分泌量減少

②腸管でのカルシウムの吸収率減少

③ビタミンD(カルシウムの吸収を助ける)をつくる働きが弱くなる

また、若い頃よりも食事量や運動量が減るといった生活習慣の変化も関係します。 加齢で生じる生理的な変化はやむ得ないことかもしれませんができるだけ若い頃から食事や運動に気を配ることで骨密度の減少を抑えることはできます。

       

今回のポイント

骨は一生リモデリング(骨代謝)を行なっている

骨粗鬆症は女性に多い 原因としては閉経、加齢に伴うホルモン分泌低下、 運動と食事量の減少

骨粗鬆症は男性も起こる病気!! 男女比は1:3  原因となる生活習慣病・喫煙・飲酒は男性の割合高い

特定の病気や服用薬が原因で骨粗鬆症になることもある 

当院からの最新情報を
お届けしています
お知らせ
ブログ
求人情報について