Information

2019.08.14お知らせ, ブログ

カルシウムなどを骨々とろう!!

【骨のリモデリング】という言葉をみなさん覚えているでしょうか。骨は常に新しい細胞へと生まれ変わっています。

しかし、生まれ変わるときに十分な栄養がなければ新しく生まれ変わるのに時間がかかってしまいます。

骨=カルシウムを思い浮かべると思いますが、実はカルシウムと同時にビタミンDも腸管でのカルシウム吸収率を高めるという大切な役割を持っています。

カルシウムと同時に意識的にビタミンDを多く含む食物を摂取するようにしましょう。

具体的には…

★カルシウム(牛乳・乳製品・小魚・干しエビ・大豆食品など)

★ビタミンD(卵・鮭・サンマ・椎茸・キクラゲなど)

より丈夫な骨を作る為には骨の形成に重要な役割となるカルシウムやビタミンDなどを積極的に摂取し、骨を強くしていつまでも骨折しづらい身体づくりを心がけましょう。

ビタミンDなどの他にも高齢になると食べ物の好みが変化したり、小食になったりすることでたんぱく質の摂取量が不足する傾向です。たんぱく質の摂取量が少ないと骨密度低下を助長するので意識をして摂りましょう。

バランスの良い健康的な食事をした上で、定期的な骨密度検査を受けることをお勧めします。

当院では骨密度の検査を行うことが可能です。症状がない方でも今の自分の骨密度を測定してみませんか?お気軽に当院へご相談下さい。

当院からの最新情報を
お届けしています
お知らせ
ブログ
求人情報について