Information

2019.10.9お知らせ

変形性膝関節症を知っていますか

【変形性関節症とは】

・加齢などを基盤として関節軟骨の変性、摩耗などにより関節の機能障害をきたす疾患です。

                                   

【どんな人がなりやすいか】

・50歳以上の女性(特に肥満女性)

・O脚の人

・過去の外傷(軟骨・靭帯・半月板損傷etc)が原因のもの

・膝周りの筋肉の筋力低下

                                  

【どんな症状か】

□歩き始めや、立ち上がる時、階段の昇り降り時に痛む。

□正座やしゃがむのが辛い。

□膝が腫れたり熱をもつ。

□膝が引っかかるなどの違和感がある。

□膝に水(関節液)が溜まったことがある。

上記の項目にチェックがついた人は変形性膝関節症の可能性があります。

                                   

【主なリハビリ】

・日常生活指導(減量指導、正座や階段昇降などの動作を回避)

・運動療法(筋力増強訓練、ストレッチ)

・薬物治療

・手術療法⇦上記の治療で効果が得られなった場合

                                   

【自宅でできるトレーニング】

・太ももの前の筋肉を鍛える方法①

                                 

椅子に腰かける。

片方の脚を水平に伸ばす。

5~10秒間その姿勢をキープ。(息を止めない)

元に戻す。

                                   

・太ももの前の筋肉を鍛える方法②

                                   

脚を伸ばして座る。

膝の下にタオルを入れそのタオルを押しつぶします。

5~10秒間力を入れます。(息を止めない)

力を抜く。

※トレーニングは無理のない範囲で行って下さい。

自分のペースでゆっくりとやっていきましょう!

                                 

【最後に】

今回は変形性膝関節症について紹介をしました。

少しでも膝に違和感や痛みがある方はお気軽に当院にご来院下さい。

当院からの最新情報を
お届けしています
お知らせ
ブログ
求人情報について