Information

2019.12.25お知らせ

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドロームとは

      

『運動器の障害により、移動能力の低下をきたし、要介護になっている、あるいは要介護になるリスクの高い状態』をいいます。運動器とは身体を動かすための組織や器官のことで骨、筋肉、靭帯、関節、神経、腱などにより構成されています。

    

      

【原因】

① 運動器の疾患:変形性膝関節症、骨粗鬆症、関節リウマチ、脊柱管狭窄症、骨折、四肢・体幹の痺れなどがあります。

     

② 加齢に伴う運動器の機能低下:四肢・体幹の筋力低下、体力・全身耐久性の低下、関節や筋肉の痛み、関節可動域制限

     

これらの原因により立位・歩行機能やバランス機能、巧緻性、運動速度、深部感覚などが低下し屋内外の移動や日常生活動作で介助が必要になってきます。

      

【ロコモティブシンドロームのチェック】

□片足立ちで靴下が履けない

    

□家の中でつまずいたり滑ったりする

     

□階段を上がるのに手すりが必要になる

   

□家の中のやや重い仕事が困難である

    

□2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難

    

□15分くらい続けて歩くことができない

    

□横断歩道を青信号で渡りきれない

    

※1以上でロコモの疑い

   

【ロコモ予防】

ロコモティブシンドロームの予防には!毎日の運動習慣とバランスの良い食生活が必要です。自宅でできる簡単な運動を紹介したいと思います!

   

① 片足立ち

    

※転倒しない様に必ずつかまる所がある所で行いましょう。

   

片足が床につかない程度に足を上げます。

   

左右を1分間行い、1日3回行いましょう。

   

   

② スクワット

   

肩幅より少し広めに足を開きます。

    

膝がつま先より先に出ないように行いましょう。

     

5回~6回のペースで1日3回行いましょう。

   

当院からの最新情報を
お届けしています
お知らせ
ブログ
求人情報について