Information

2020.02.26お知らせ, ブログ

リンパファンテープ

リンパファンテープとは、伸縮性のテープ(キネシオ、KTテープ)を用いてリンパの流れを促通するテープの貼り方のことをいいます。

皮膚を刺激しながら皮膚の表面のリンパの流れを良好にさせ腫れや浮腫みを取る効果があります。
打撲・捻挫・挫傷・骨折等で出来た内出血にも効果があり、滞った血液を速やかに消失させます。変形性膝関節症によるむくみにも良好です。

腫れを取ることにより、早期にスポーツ復帰、日常生活の改善が期待されます。

またKTテープを使用することにより3~7日間継続して効果を持続させることが出来るのでお勧めです。

当院は日本KTプロフェッショナル研究会公認指導施設となっております。
KTテープとは、筋肉と同じように伸縮するテーピングの一種で、固定せずに筋肉や関節、靭帯、腱の機能をサポートします。
当施設には、KTテープのパフォーマンスを最大限に発揮する『効果的な貼り方』をレクチャーするプロフェッショナルがいます。他にもさまざまな症状に使用できますのでお気軽に相談下さい。

2019.08.23お知らせ, ブログ

骨を強く保つ為に!

前回は、骨を丈夫にする為の食事について掲載しました!

今回は、丈夫な骨を作る為の運動を紹介します!  

骨は、負荷がかかると骨をつくる細胞が活発になり、強くなる性質があります。日常生活のなかでできるだけ運動量を増やしましょう。
今回は自宅で手軽に行える運動を紹介します。

※ ご自身の体の状態にあわせて無理なく続けることが大切です。

①片脚立ち      

机や壁をつかみながら、行ってもかまいません。
(安全に気を付けて行ってください)
体重を片脚に乗せることで両脚立ちの倍の負荷を与えることで骨が強くなります。バランス感覚も鍛えられるので転倒予防になります。

               

②ストレッチ

壁に手をついて、体を支えながらふくらはぎとアキレス腱を伸ばします。

1. 前に出した方の脚の膝を曲げて体重をかけていき、後ろの方の脚のふくらはぎを伸ばします。

2. 後ろの方の脚の膝を曲げ、アキレス腱を伸ばします。片脚30秒ずつを 左右交互に行いましょう。

当院では骨密度の検査を行っています。

ご自身の骨密度、気になりませんか?お気軽に当院にご相談ください。

2019.08.14お知らせ, ブログ

カルシウムなどを骨々とろう!!

【骨のリモデリング】という言葉をみなさん覚えているでしょうか。骨は常に新しい細胞へと生まれ変わっています。

しかし、生まれ変わるときに十分な栄養がなければ新しく生まれ変わるのに時間がかかってしまいます。

骨=カルシウムを思い浮かべると思いますが、実はカルシウムと同時にビタミンDも腸管でのカルシウム吸収率を高めるという大切な役割を持っています。

カルシウムと同時に意識的にビタミンDを多く含む食物を摂取するようにしましょう。

具体的には…

★カルシウム(牛乳・乳製品・小魚・干しエビ・大豆食品など)

★ビタミンD(卵・鮭・サンマ・椎茸・キクラゲなど)

より丈夫な骨を作る為には骨の形成に重要な役割となるカルシウムやビタミンDなどを積極的に摂取し、骨を強くしていつまでも骨折しづらい身体づくりを心がけましょう。

ビタミンDなどの他にも高齢になると食べ物の好みが変化したり、小食になったりすることでたんぱく質の摂取量が不足する傾向です。たんぱく質の摂取量が少ないと骨密度低下を助長するので意識をして摂りましょう。

バランスの良い健康的な食事をした上で、定期的な骨密度検査を受けることをお勧めします。

当院では骨密度の検査を行うことが可能です。症状がない方でも今の自分の骨密度を測定してみませんか?お気軽に当院へご相談下さい。

2019.07.24お知らせ, ブログ

体幹トレーニングについて

今回は体幹トレーニングについて紹介していきます。

【体幹とは】

・一般的に言われている体幹とは、カラダのコア=中心となる部分。つまり腹筋だけでなく、背中や腰周りも含めた、胴体部分全般を指します。

【体幹トレーニングの効果】

・姿勢改善    ・ダイエット効果

・運動能力アップ ・ケガの予防

・腰痛改善    ・胃腸の調子改善

・疲れにくい身体になる etc

【日常感覚で体幹の衰えチェック】

□疲れやすくなった

□立って靴下を履くときによろける

□お腹が出てきた

□長時間座り続けるのがつらく何度も姿勢を変える

□電車に乗っているときに体がよろける

チェックが1つでもついた人は体幹が衰えているかもしれません!

【実践編】

・体幹トレーニング初心者はまずドローインから!

 ドローインとは一言でいうと呼吸をしながらお腹を凹ませるだけの簡単なエクササイズです。これが体幹トレーニングの基本となります。

鍛えられる筋肉は腹横筋、腹斜筋などのお腹周りの筋肉です。

・まず仰向けに寝て膝を立てます

・約5秒間で息を吸います

・その後約5秒かけて息を吐きます

・これを5~7回くらい行いましょう

このイラストは寝て行っていますが、同じ要領で立ってでもできます。

このようにドローインはいつでもどこでもやることができます。電車に乗っている時などにやってみてはいかがでしょうか?

次にドローインを行う上での注意点です。

・お腹を凹ませるのではなく圧力をかける

・肩に力を入れない

・腰が反らないようにする(寝て行う場合)

・前かがみにならないこと

・呼吸を止めないこと

・食事の直後にはやらない

無理にやる必要はありません。ゆっくり自分のペースで注意点を心がけてやってみてください。

【最後に】

今回は体幹トレーニングの効果や簡単にできるドローインの紹介をしました。

まずは基礎を作る事が大事です。初めから難易度の高いトレーニングをやっても効果はありません。少しずつ時間をかけてやっていきましょう!

2019.07.17お知らせ, ブログ

あなたの骨は健康ですか?

骨は一度出来上がると、ずっと同じ骨のままだと思っていませんか?

実は古くなって劣化した骨の細胞はメンテナンスされ

                新しい骨へと生まれ変わります!!

             

これが『骨の新陳代謝』といって、『骨のリモデリング』ともいいます。   健康な骨では、骨吸収(骨を壊す働き)と骨形成(骨をつくる働き)のバランスがつり合っています。しかし骨粗鬆症の骨では、骨吸収がどんどん進んで骨形成を上回ってしまい、骨がスカスカになり脆くなってしまいます。

骨密度は女性の場合は18歳くらいでピークに達し、その後40歳代半ばまではほぼ一定を維持しますが、 50歳前後から低下していきます。

                

加齢によって骨密度が低下する理由が、主に3つあります。

①女性ホルモンの分泌量減少

②腸管でのカルシウムの吸収率減少

③ビタミンD(カルシウムの吸収を助ける)をつくる働きが弱くなる

また、若い頃よりも食事量や運動量が減るといった生活習慣の変化も関係します。 加齢で生じる生理的な変化はやむ得ないことかもしれませんができるだけ若い頃から食事や運動に気を配ることで骨密度の減少を抑えることはできます。

       

今回のポイント

骨は一生リモデリング(骨代謝)を行なっている

骨粗鬆症は女性に多い 原因としては閉経、加齢に伴うホルモン分泌低下、 運動と食事量の減少

骨粗鬆症は男性も起こる病気!! 男女比は1:3  原因となる生活習慣病・喫煙・飲酒は男性の割合高い

特定の病気や服用薬が原因で骨粗鬆症になることもある 

次のページへ >>

当院からの最新情報を
お届けしています
お知らせ
ブログ
求人情報について